はっとして、ぐっとくる

朝に二回、夕に二回、電車で川を越える。

大抵、電車で川を越えるときは、川に対して垂直に進むから、窓の外を見ているとふわっと景色がひらける。
朝も夕も、この時間は割と好き。
夕方4時すぎ、ちょうど夕焼けのころで、遠くの山が黒っぽくて、空は赤くて、上の方から夜になってきていて、何回見てもきれいだなと思う。


中学生くらいまではとにかく勉強が好きだった。
勉強というか、知らないことを知るのがおもしろかった。
中学くらいまでの学校で習うことって、自分の生きている世界のことを実感できる範囲で教えてくれるから、身近な世界がクリアになっていく感じがおもしろかった。
夕焼けがどうして赤く見えるのか、というのも、高校生で教わって、へーと思った。

でも、知識と感動は直結しないことがよくある。
夕焼けきれいだな、は夕焼けがどうして赤いのかなんて関係なく、ただ夕焼けきれいだな、のままがいい。

沢山知っていることと、良さは同じじゃない。


どんな音楽が好きか、ずーっと考えています。
わたしはとにかく沢山聴きたいタイプ、ではなさそう。
聴いたこともないような、新しいものが聴きたいというわけでもない。
はっとして、ぐっときたいんです。

沢山しっているの、すごいなって思うけど、わたしは音楽に関しては、そんなことよりも感動させてほしい。
音楽の聴きかたや楽しみかたは、ひとそれぞれ、その時々によっても違うので、なんとも言えないけど、わたしはとにかく音楽でぐらんぐらん心を揺さぶられたい。

素直に聴いて、素直にぐっときたい。
うまいなーとか、凝ったアレンジだなーとかを飛び越えてぐっときたい。
ぐっときたいって何だか変な日本語だな。

そしてぐっとくる、というのは物凄く曖昧で、うまく言葉にできないし、ましてや知識ではどうにもつくれないものだと思っている。
コード進行の勉強したって教科書みたいな歌詞かいたってぐっとくる曲つくれないよ。

気持ち、は言葉で置き換えて人と会話したり、こうして文章をかいたりするけれど、言葉とは比べ物にならないくらい多くて不安定で、とらえきれない。

そういうのを、そんな不安定な溢れた気持ちを、会話するよりもずっと少ない言葉でメロディにのせて、ものすごく豊かな気持ちにしてくれるのが、いいよねえ。すごいよねえ。そんな風になりたいです。

もちろんアレンジなどもとても大事だと思うし、アルバム全曲ぐっとくる、だとちょっと疲れてしまうと思うので、バランスも大事です。


嘘をつかずに、すかさないで素直にね。


ぐっと冷え込んできたので、寒い冬を楽しみましょう。

週末のやなぎさわまちことまちこの恐竜ライブ、すなわちsing on the poleのカセットリリースパーティー、よろしくお願いします。COMPLEXレーベルメイトです。

この日のやなぎさわまちことまちこの恐竜は、おなじみgtあゆくん、drテリーくん、dj石橋さんに、baがお初のザ・なつやすみバンドから潤くんでお送りします。
スタジオで仕上がってきています。楽しいね。

予約受け付けていますので、CONTACTからどうぞ。










人気の投稿