楽しかった京都、リリースパーティーなど

ここ1ヶ月くらい、ずっと楽しみにしていた京都ツアー、そしてシンガポールのレコ発が終わってしまった。


京都は、鈴木博文さんのツアーで。
わたしは博文さんのどう?楽団として、そしてayUtokiOとして、演奏しました。

博文さんと一緒にライブで演奏させてもらうのも3回目。
今年発売した「どう?」というアルバムがあって、そのアルバムをayUtokiO猪爪東風くんがサウンドプロデュースしたという縁で参加させてもらっています。

博文さんと演奏するのはとても楽しい。
サポートのみなさまも、すごく素敵なミュージシャンだし、なによりわたしは博文さんの歌がすごーーーく好きです。

わかりやすいさみしさとか、悲しいこと歌っているわけじゃないんだけど、演奏しているととにかくさみしくて切ない。
時間は戻らないよ、それが自然だよ、諸行無常だよ、という感じで、悲しくてさみしくて切なくて、演奏中ぐっときまくりです。
歌詞と博文さんの声がすごくあっていて、ほんとすごいよ。ものすごい詩人。

12月22日に、博文さんのツアー東京編もあるので、まだどう?楽団をみたことのない方はぜひ見て聴いてほしいです。東京編もayUtokiOでも出演します!こちらから予約もできますので、ぜひ。

ayUtokiOは3年ぶり?の関西。
初めて行った大阪のライブのことを思い出しました。
そのとき、わたしは初めてair checkという曲を歌わせてもらって、スタジオの練習で全然うまく歌えなくて大変だったな。。。

どう?チームとayUtokiOチームで一緒に車で行った京都。
バンドやってた頃、毎週のように大阪や名古屋に行っていたことを思い出しました。


そいで帰ってきて、日曜はsing on the poleのリリースパーティ。
こちらもすごくいい日になりました。

まちこの恐竜は、6月からライブ始めて半年。まだまだこれから。
演奏には、曲をこうしたい!がないとだめなんだな。
おなじ譜面みて演奏しても、人によって違うのは、こうしたい、の違い。
こうしたい、がうまく合わさっていい演奏していきたいです。
まちこの恐竜もライブ見に来てほしいな。

この日の主役、sing on the poleは、すごーーーーくいいライブでした。
曲も歌詞もいいし、演奏もいいし、歌もいいし。

この日から発売のカセットテープ、COMPLEXからのリリースということで、すっごく素敵なレーベルメイトができました。
音源もすごくいいんだよ。デザインもかわいいし、録音やミックスもとても好きです。

カセット、このあとお店でも買えるようになるみたいなのでチェックですぞ!

この日はMCで珍しく、物はこだわって作ろう!と意見を言いました。
前のブログでも書いたけど、作品はプライドをもってつくります。
作品は、音だけじゃなくて、パッケージをつけて出すことを選んでいるならばパッケージも作品の大事な要素です。


学生の頃、課題で自分なりのデザイン画、みたいな課題があって、普通の画用紙で発表したことがあります。
つくっていったデザイン画自体はすごく褒められたけど、スケッチブックからはがしたままの画用紙だったことを、作品なんだからそこも考えたほうがいいよ、と教えてくれた大好きな先生がいます。

その先生は山縣良和さん。writtenafterwardsというブランドのデザイナー。
ファッションてなんだろうを物凄く考えて作品を作っている方です。
今年、ブランド10周年だそうで、節目の年に谷川俊太郎さんに詩をかいていただいたそう。その詩がまた素晴らしくて、山縣さんはぶれないなーと思って尊敬した。
(十二の問いかけ という詩です。)

いま東京都庭園美術館で展覧会やっているみたい。そこに詩も展示されているようです。

会う機会はそんなにないけど、刺激をくれ続ける好きな人ってたまにいて、幸せですね。


楽しかった11月がもう終わり。
1年あっという間だけど濃かった。
来月も、20日にライブがありますので、どうぞ遊びに来てください。


















人気の投稿